読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

my hero!!!!!!!

バカ丸出しのをたく、あーれるのブログです。

推しを嫌いになったときのはなし

 

昔(?)韓国アイドルを追っかけていた時に大好きでたまらなかった推しのことを大嫌いになったことがあります。

漠然と「私は一生この人のことが好きなんだろうな、この人以上の人なんて現れないんだろうな」って思ってたくらいに好きでした。(リアコではなかった)

 

嫌いになった理由書くとすぐ分かると思うけど、私が行くつもりだった年末の公演が突然中止になったことです。メンバー2人の眩暈が原因で2日分の公演が中止になりました。うち1人は私の推しでした。

私は2日目に入る予定だったので中止になったという知らせを聞いてひとり、パニックでした。推しが心配だしずっと楽しみにしていた公演が突然中止になった。

この時点ではまだ、眩暈を起こしたメンバーのことが心配だという気持ちと中止が残念な気持ちしかありませんでした。

 

実は1日目の公演のチケットを持っているファン達は入場を終え、開演を待っていたのです。

開演時間をすぎても全く公演が始まる気配がないことにファンたちは動揺し、Twitterを開きます。するとそこにはグループの韓国の公式アカウントに韓国語で(!)「公演中止のお知らせ」が。

1日目のチケットを持っていた友人曰く中止を知ったのは近くにいたファンの人が「公演中止みたいです!」と大きな声で知らせたためだそうです。

ツイートからしばらく時間が経ってから中止のアナウンスが流れ、眩暈を起こした2人以外のメンバーがステージに現れ数曲パフォーマンスし、泣きながら挨拶してファンは退出させられたそうです。

この時点で「日本でのライブで客はほとんど日本人なのに韓国語でアナウンスするのが先なの?」「公演を行うことができないということはファンを会場に入れる前から分かっていたのでは?」などの疑問が現れ始めます。

 

メンバー達はその日のうちに飛行機に乗り母国に帰っていきました。

そしてなんと、なんと!翌日には韓国で行われた授賞式、翌々日には歌謡祭に出演しました。

眩暈を起こして2日目の公演を中止にしたのにキレキレのパフォーマンスを披露する姿に強く違和感と不信感を抱きました。

それでも、日本で行う単独公演よりも韓国で行う年末の歌謡祭のほうが大切なんだなぁ、切ないなぁとまだこんな具合でした。

 

でも時間が経つにつれてボロはどんどん出てきます。本来2日目の公演が行われるはずだった日の夜に眩暈を起こしたメンバーのうちの私の推しではないほうのメンバーがツイートしました。ツイート内容は「お兄さんはスーパーマン」です。はぁ?ふざけんじゃねぇよ。私の怒りはここで爆発しました。涙がボロボロこぼれました。一部のファンは「ファンを心配させないように気遣ってくれてるんだよ」などと言っていましたがそんな風には思えませんでした。

スーパーマンなら公演やれよ。あんたはスーパーマンなんかじゃない。ごめんねの一言もないの?そんなに日本のファンのことが嫌いなの?また日本に行くから待っててね、中止になってしまってごめんね、私がというかほとんどのファンが期待していたのはこういったツイートだったはずです。彼は見事に裏切ってくれました。

 

そのまま、メンバーは誰1人中止になった公演のことに触れないまま年が明けました。

 

やっと、やっと元推しが中止になった公演にふれてくれるのですがふれる場所が韓国の公式のファンカフェでした。この時点で明らかに日本のファンに向けたメッセージではありません。しかも内容は「公演をやる予定だった都市に1人で訪れた」ということ。載せてある画像には元推しの姿は全くうつっていませんでした。誰でも撮れるよそんな写真。ほんとに来たの?ともう不信感しかありません。

あんなに好きだったのに酷い仕打ちです。今まで払ったお金全部返してよ。好きが嫌いに変わるのは一瞬でした。最近は彼の画像を見かけるだけでキレそうになります。(ひどい)

 

結局振替公演に参加しましたがひらすらイライラして1ミリも楽しくない公演でした。返金にすればよかったけど直接メンバーからごめんなさいが聞きたかった。体調崩すのは仕方ないけどこれだけ信用を失う行動を重ねたのだから謝罪のひとつくらいしろよって思ってました。

公演の後半で謝罪(謝罪という謝罪でもない)はありましたが、謝罪をする前に途中退場していったファンはたくさんいました。パフォーマンスのことはほとんど覚えていません。まともに見れませんでした。

 

アンチ増えたね。日本のファンにはいつも冷たいもんね。絶対零度だよね。よかったね、ファン減って。

 

全国のアイドル、いや芸能人に言いたいです。

信用を失うのは、ファンを失うのは一瞬です。

公演に行くためにかかるのはチケット代だけではありません。ファンからアンチになった人たちはあなた達のことをよ〜く知ってるぶん、初めからアンチやってる人たちよりも怖そうですよ。

 

もう今は大嫌いも通り越してひたすらにどうでもいい存在です。